FIA、カートで“バンパー投げ&暴行”のコルベーリに15年間のレース禁止処分
FIA(国際自動車連盟)は、2020年のCIK-FIA世界選手権で自分をリタイアに追い込んだ相手選手にバンパーを投げつけ、挙句の果てにレース後パルクフェルメで、サーキットを所有する父親とともに相手選手に暴行を加えたルカ・コルベーリはに15年間のレース禁止処分を下した。

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、ルカ・コルベーリをレース界から永久追放するべきだと要求。すでにルカ・コルベーリはレースから永久に引退すると語っている。

FIAも前例のない永久追放という処分を検討していたが、最終的にFIAの国際法廷は15年間のレース禁止処分を下し、処分を全うした後はレースに復帰する機会を与えるべきだと述べた。

「裁判所は、このような制裁は明らかに事実の重さと関連する暴力を反映しているため、15年の制裁は、適切かつ比例することになると判断した」とFIAは声明で述べ、ルカ・コルベーリの行動は「非常に深刻であり、レースに参加しているドライバー(自分自身を含む)のいずれかに怪我を負わせる可能性があった」と付け加えた。

「この制裁は、裁判所が課すことができる最も深刻な制裁の1つだ。他の制裁措置では、一般的および特定の抑止とリハビリテーションという想定された目標を同程度に達成することはできない。そのため、このような措置が必要だ」

禁止の結果、現在、ルカ・コルベーリは「FIAまたはANSによって直接的または間接的に開催されたモータースポーツイベントへの参加、またはFIA内での役割または機能の行使」を禁止されている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA