元FIA会長 「普通の家庭の子がF1を目指せる道を作れなかった」
マックス・モズレーは、FIA(国際自動車連盟)の会長を務めていた際の最大の後悔は、“普通の家庭”で育つ若手ドライバーが簡単にF1を目指すことができるような道を作れなかったことだと語る。

1993年から2009年までFIA会長を務めたマックス・モズレーは、F1の安全性を向上させられたことを誇りに思っているが、資金のない若い才能を簡単にF1に導けるように整備できなかったことを後悔していると語る。

「決してチャンスを得ることができなかった多くの才能がいると確信している」とマックス・モズレーは DPA にコメント。

「FIA会長として、ドライバーのために普通の家庭で養うことができるカートからF1へと進める道を確立させることができなかった」

マックス・モズレーは、それを実現する方法は、スーパーライセンスポイントが加算される安価なジュニアシリーズだと考えている。

モズレー氏は、これを行う方法は、スーパーライセンスポイントに数える安価なジュニアシリーズだと考えているが、「大規模な抵抗、訴訟さえあった」と語った。

「だが、とにかくそれをやるべきだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA