F1:サマーブレイクの前倒しと期間の延長を決定
F1は、新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、サマーブレイクの前倒しと延長を決定した。

通常、F1チームは8月に2週間にわたってすべてのレースと自動車関連の活動を停止する必要があるが、3月と4月に移動した。シャットダウンは通常2週間続くが、今年はサマーブレイクが21日間に延長されるよう改定された。

FIAは「現在、FIA F1世界選手権イベントの組織に影響を与えているCOVID-19コロナウイルスの世界的な影響を考慮して、世界モータースポーツ評議会は2020 FIA F1競技規則の変更を承認した。夏季のシャットダウン期間を7月と8月から3月と4月に変更し、14日間から21日間に延長する」

「したがって、すべての競技者は、3月または4月の間に21日間のシャットダウン期間を遵守する必要がある」

「この変更はF1ストラテジーグループとF1コミッションの両方によって満場一致で支持された」

シャットダウンが従来の8月のスロットから移動するためには、10のチームすべてが満場一致で合意する必要があった。

これには複数の理由がある。まず費用便益がある。レースをしていない時期に工場を閉鎖することで、特に諸経費の点でお金を節約できる。余分な週は追加の経済的利益になる。

そうすることで、彼らはF1が伝統的な夏休みにレースするための道を開き、延期されたレースをスロットに入れることができる。これは、チャンピオンシップとスポンサーから収益を得るためだ。

新型コロナウイルスは世界的な経済と産業にも影響を与えており、フェラーリはサプライチェーン問題のためにF1およびロードカーの生産を中止せざるを得なかった。他のチームも同様の問題に苦しむ可能性がある。

興味深いことに、新しいシャットダウンウィンドウは、月曜日に開始されたフェラーリの自己強制閉鎖が、休憩が残っていた場合に5週間ではなく3週間のシャットダウンに直面するため、全体的に痛みが少ないことを意味する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA