F1
F1は、今年のF1日本GPでの電子ライトパネルで発生した問題を受け、2020年はチェッカーフラッグを正式なレース終了の合図に戻すことを決定した。

今年、レース終了時にチェッカーフラッグは振られていたが、レース終了を正式に知らせるためにチェッカーライトパネルも併用されていた。しかし、F1日本GPではシステムエラーにより1周早くに終了が示され、結果としてレースは短縮されることになった。

FIA(国際自動車連盟)は、世界モータースポーツ評議会で合意した変更の一部として、2020年から従来のチェッカーフラッグがレース終了の合図となることを発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA