F1レースディレクター 「チームオーダーはF1の一部」
FIA(国際自動車連盟)は、F1ロシアGPで物議を醸したフェラーリのチームオーダーに介入することはない。

フェラーリはレース前の取り決めとしてスタートでポールポジションのシャルル・ルクレールが3番グリッドのセバスチャン・ベッテルにターン2までにスリップストリームを与えて1-2体制を築く作戦を立てた。

だが、順位は元に戻されると考えて譲ったシャルル・ルクレールと、自力で前に出たと考えたセバスチャン・ベッテルとの間で意見の相違があり、フェラーリは順位を戻すよう指示するもベッテルに拒否した。

ファンと評論家の多くはセバスチャン・ベッテルの支持を表明しており、フェラーリのチームオーダーに不満を述べ、レーシングスピリットを危うくする行為だとの非難も出ている。

一時、F1ではチームオーダーが禁止となったが、現在では自由に行えるようになっている。

F1レースディレクターのマイケル・マシは、チームオーダーは「どんなチームスポーツにおいても特徴的なことだ」と述べた。

「私の発言がその分野においてFIA全体を代表するかものかどうかはわからないが、私が覚えている限り、チームオーダーは非常に長い間F1にあった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA