F1 マイケル・マシ
マイケル・マシは、2019年シーズン終了までFIAのF1レースディレクターの役割を継続する。

オーストラリアのスーパーカーの副レースディレクターを務めていたマイケル・マシは、2019年の開幕戦オーストラリアGP直前にチャーリー・ホワイティングが急逝するまで、副レースディレクターとして働いていた。

暫定レースディレクターに就任したマイケル・マシは、今年ここまでの10戦でレースディレクター、パーマネーントスターター、セーフティデリゲートの3つの役割をこなしてきた。

F1イギリスGPの週末、マイケル・マシはFIA会長のジャン・トッドと改題を行い、今シーズン終了までその役割を務めあげることを確認した。

マイケル・マシは「土曜日にジャン・トッド会長と会談し、彼は私とFIAチームに2019年シーズン終了まで私がその役割を継続するよう助言した」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA