F1
FIA会長のジャン・トッドは、F1のショーを改善する要素の一環として、2021年に給油を復活させることを検討するよう求めている。

2021年にF1レギュレーションは大幅なレギュレーション変更が導入される予定となっており、今年10月に確定することになっている。大枠は合意に至っているが、今後数カ月で多くの修正が行われることになる。

FIA会長のジャン・トッドは、2010年にコストと安全面から禁止された給油を復活することを提案した。

「私としては給油を復活させたい。ポジティブ的な面とネガティブな面を調査することは歓迎だ。おそらくマシン重量は少し重くなりすぎてしまっている。そこは議論してきたことだ」とジャン・トッドはシルバーストーンでコメント。

「給油を復活した場合にどのようになるか分析を進めてもらいたい。給油を復活させることで、レースのスタート時にマシンを軽くできるし、マシンを小型化することも可能だからだ」

コスト削減はF1の今後のルールにおいて重要な要素となる。給油装置を再導入するとチームのコストを抑えることは難しくなると考えられる。

しかし、ジャン・トッドは、コストについての議論に反論する。

「よりコストがかかると聞くと、笑ってしまう。モーターホームのサイズを考えれば、給油装置を導入することでコスト面での大きな影響はないと考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA