F1 ハンコック
ハンコックは、F1テストを実施するためにウィリアムズのF1マシンを購入した。

韓国のタイヤメーカーであるハンコックは、2020年以降のF1公式タイヤサプライヤーに入札。FIAから最初の技術要件と安全要件を満たしていることを認められ、今後、ピレリとハンコックの申請はF1の商業権保有者へと進められ、検討と交渉が行われていく。

ピレリのカーレシング責任者を務めるマリオ・イゾラは「現在、F1と商業的な話し合いが行われている」と語った。

Auto Motor und Sport は、元ブリヂストンの浜島裕英がコンサルタントとしてハンコックに協力していると報じており、FIAは、大田にあるハンコックの本拠地に感銘を受けたとしている。

また、ハンコックは、2020年F1タイヤの開発とテストの準備を進めている。報道によると、ハンコックはF2マシンとウィリマウズの2011年F1マシンを購入し、テストドライバーとしてフォーミュラEのドライバーを起用するという。

ピレリのマリオ・イゾラは、FIAが決定までにどれくらいの時間をかけていくはわかっていないと語る。

「最終期限はなく、どれくらい長く続くかは話せない」とマリオ・イゾラは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA | ウィリアムズ