F1
F1のエンジンメーカーとFIAは、2016年にもシーズン中にパワーユニットの開発を行うことを許可するという内容で合意したと Autosport が報じた。

現在の規約では、来季パワーユニットの開発に使用できるトークンは、今年の32トークンから25トークンに減少することになっており、2月28日までにホモロゲーションを受けた後は、信頼性、安全性、コスト削減の目的以外の改良はできなくなる。

今年は規則の抜け穴が見つかったことでシーズン中の開発が許されたが、圧倒的優位を誇るメルセデスに追いつきたいフェラーリ、ルノー、ホンダは、来年も今年と同じように開幕後もパワーユニットをアップグレードすることが可能になるよう規則変更を求めている。

また、ルノーとホンダの低迷はF1にとってよくないとの見解もあり、メルセデスのトト・ヴォルフも「彼らが追いつくための方法を見つける必要がある」と発言していた。

15日、メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの代表者およびジャン・トッド会長を含むFIA代表者らによる会議がジュネーブで開かれ、4社の競争力を近づける対策について協議された。

会議の結果について正式に公表されてはいないが、2016年もシーズン中の開発を認めるという点において合意に達したという。

また、来年も32トークンの使用が許され、開発が許されなかったパーツ(アッパー/ロワークランクケース、バルブドライブ、カバー、エアバルブシステムなど)に関してもアップグレードすることを可能にするという内容で合意したという。

加えて、エンジンメーカーが供給できるエンジンは1つの仕様に制限するという規則を変更することに関しても合意された。これにより、エンジンメーカーは1年落ちのパワーユニットをカスタマーに提供することが可能になる。

現在、トロ・ロッソは2016年にフェラーリの2015年型エンジンの供給を受けるため交渉を行っている。現時点では規則でそれは許されていないが、今回の合意によって契約が可能になる。

今週の会議で決定した内容は、F1委員会でで全チームの合意を得られれば、12月上旬の世界モータースポーツ評議会に送られ、そこで承認を受けた上で規則が変更される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA