F1 固定ナンバー
FIAは、F1ドライバーに来年から着ける固定ナンバーを選択するように連絡した。

AUTOSPORT によると、FIAは、F1ドライバーにクリスマス前までに着けたいナンバーを第3希望まで提出するよう求めたという。

固定ナンバーは、ワールドチャンピオンのためのナンバー1を除き、2〜99番までの間で指定され、ドライバーは残りのF1キャリアでそのナンバーを使用することになる。

発表されたスポーティングレギュレーションでは、ランダムな投票によってナンバー割り当てに用いられることが示唆されているが、FIAのメディア代表マッテオ・ボンチアーニは、当初発表された“2名以上のドライバーが同じレースナンバーを選んだ場合、前年(2013年)のチャンピオンシップの順位で優先権が与えられる”という方法が用いられることを確認した。

規約では「2014年の世界選手権のスタートに先立ち、レースナンバーは投票によってドライバーに永久に割り当てられる。そのナンバーは、彼のキャリアを通して参加する全てのF1世界選手権のイベントで使用されなければならない」と記されている。

「この配分手続きの唯一の例外は、ナンバー1を使用するオプションのある前年のワールドチャンピオンとなる」

「彼がワールドチャンピオンの肩抱きを保持しない場合、以降のシーズンでは以前に彼にのために予約されたナンバーが割り当てられる」

FIAが、直接ドライバーにナンバーの選択を求めたのは、所属チームではなく、ドライバーによってナンバーが決められることを確実にするためだ。

まだ大部分のドライバーが好みのカンバーについてコメントしていないが、メルセデスのニコ・ロズベルグは、IWCのイベントで、6、5、9の順番で要請したことを明かした。ナンバー6は、父親であるケケ・ロズベルグが1982年にワールドチャンピオンを獲得した際に着けていたナンバーだ。

フォース・インディアへの移籍が決定したセルジオ・ペレスは、カート時代とGP2で着けていた11番が第1希望だと述べた。

また、スポーティングレギュレーションでは、ナンバーの可視性を改善するように修正された。

ドライバーは、レースナンバーを“確実に見える”ようにするために、クルマのフロントだけでなく、ヘルメットにも着けなければならないとされた。

関連:2014年 F1ドライバー&固定ナンバー:FIAエントリーリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA | F1ドライバー