F1 ペナルティポイント
2014年のF1スポーティングレギュレーションに、F1スーパーライセンス・ペナルティポイントシステムが正式に盛り込まれた。

新しいリリースされたスポーティングレギュレーションの第4.2上には、12カ月の期間中に12点のペナルティポイントが累積したドライバーは、1レースの出場停止となることが記された。

このシステムは、6月のFIA世界モータースポーツ評議会で承認されたもので、ドライバーの出場停止を定める初めての厳正なシステムとなる。

「ドライバーが12点のペナルティポイントを得た場合、次のイベントへ出場停止となる。12ポイントはライセンスから取り除かれる」

「ペナルティポイントは、12カ月の期間ドライバーのスーパーライセンスに残る。それらは、科せられた12カ月後にそれぞれ消える」

また、レギュレーションでは、ピットストップ時のアンセーフ・リリースへの制裁も強化された。

プラクティスセッション中にクルマが安全ではない方法でリリースされたとみなされた場合、スチュワードが必要だと考えた場合、レースでのグリッドペナルティが科せられる。

レース中に事故が起こった場合、ドライバーが次戦で10グリッド降格ペナルティを科せられる。だが、事故後にドライバーがレースを続行出来た場合、そのレース中にドライブスルーペナルティもしくは10秒ペナルティを科せられる可能性もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA