F1 レギュレーション
FIAは、2014年に予定していたピットレーンでのF1マシンのEV走行を定めたレギュレーションの導入を延期することに同意したと Autosport が報じた。

環境に配慮したこのレギュレーションは2014年に導入される予定だったが、複数のエンジンメーカーからの要望を受けてFIAは導入の延期を決めた。

FIAのジャン・トッド会長は「確かに延期を受け入れた」とは同誌にコメント。

メルセデス、ルノーとフェラーリはエンジン製造のコストに懸念を示しており、またエンジン音を鳴らさずにマシンが比較的高速でピットレーンを駆け抜けることに対する安全性の問題も持ち上がっていた。

「世界モータースポーツ評議会の承認を得る必要があるが、約3年間延期されることになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA