2014年 F1レギュレーション
FIAは、2014年のF1レギュレーションの暫定版を発表した。

2014年からF1エンジンは現在の2.4リッター V8エンジンから1.6リッター V6ターボエンジンに変更となる。最大回転数は1万5000回転と発表されているが、レース主催者の大半はエンジンサウンドが現在と同じでなければF1をボイコットすると警告しており、しばらくは議論が続きそうだ。

他の大きな変化としては、2014年からは外部のエンジンスターターではなく、ドライバーがコックピット内からエンジンを始動できることが義務付けられる。

「第5条18項:ドライバーが通常の着席状態にある場合、外部からの補助なしにいつでもエンジンをスタートさせることができなければならない」

KERSは、2014年からERS(エネルギー回生システム)と呼ばれるようになり、出力は現在の60kwhの2倍となる120kwhに引き上げられる。これにより、ドライバーは1周につき160馬力のブーストを利用できるようになる。

またピットレーンではERSのみで走行しなければならない。エンジンの点火および燃料供給は禁止され、ピットレーンでの走行はEV走行となる。

「第5条19項:マシンがピットレーンで走行するときは常に電気モード(エンジンの点火および燃料供給は禁止)で走行しなければならない」
FIA、2014年 F1レギュレーションを変更

またギアボックスは7速から8速となり、各チームはシーズンを通して使用するギアレシオを申告しなければならない。変更は1度しか認められず、サーキットごとにギアレシオを変更することはできなくなる。

ボディワークに関してはフロントウイングの幅が1,800mmから1,650mmへと変更となり、リア周りについてもいくつかの変更が予定されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA