可変リアウイング
FIAは、今週末のF1オーストラリアGPにむけて、アルバート・パークの最終コーナー手前から可変リアウイングを使用できるようにルールを改訂した。

これまで、可変リアウイングを使用できるのはストレートエンドの600mと定められていた。

しかし、今回のF1オーストラリアGPではターン14の14m手前にラインが設けられ、そのラインを通過した際に先行マシンとのタイム差が1秒以内だった場合に最終コーナー手前から可変リアウイングを使用できるようにルールが改訂された。

可変リアウイングは、ドラッグを削減させることでオーバーテイクを容易にするために今年から新たに導入されたシステム。

接近を検地するエリアを示すためにトラックには印(ライン)がつけられ、ドライバーがシステムを作動できる地点にもラインが引かれる。さらにシステムの準備されるごとにテレビ放送局に信号が送られ、それは視聴者にも表示される予定となっている。



関連:F1-Gate.com YouTubeチャンネル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA | F1オーストラリアGP