フェラーリ Fダクト
フェラーリは、スペインGPでフルバージョンのFダクトを導入した。

コックピット内の画像を確認すると、左側にラッパのような形状をした穴が確認できる。ドライバーは、左手の甲に黒いパッドを縫いつけたグローブでこの穴を塞ぎシステムを作動させていた。

フェラーリは、モナコGPではFダクトを搭載しないとしているが、操作性を改善したFダクトに取り組むとしている。

フェラーリのFダクトは、一応左手がステアリングにかかった状態で操作できるが、ザウバーのFダクトは左膝のあたりにトリガーがあり、ストレートでは片手を離した状態でドライブしていた。

ちなみにF1チームは、2011年からはFダクトを禁止することで同意に達している。




関連:Fダクトとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ