フェラーリF1 「レッドブルは最も効率的かつ効果的にお金を使った」
フェラーリF1は、レッドブル・レーシングの「モハメド・アリ」のように危機に瀕しているように見えたときに反撃する能力が、今年のF1での成功の鍵だったと考えている。

レッドブル・レーシングは、2022年シーズン序盤に信頼性に苦しみ、ペース面で劣勢だったは精彩を欠いていたものの、好転させることに成功。RB18の軽量化と空力改良の組み合わせにより、夏休みの後、チームは両方のチャンピオンシップに躍り出たが、フェラーリは何も反応できなかった。

特に、フェラーリが予算上限に達して開発が中止されて以降は、レッドブルRB18は支配的な車になった。

2022年シーズンの浮き沈みを振り返り、フェラーリのシニアパフォーマンスエンジニアであるジョック・クリアは、レッドブル・レーシングが、必要なときに前進するための支出の自由を確保していたことでうまくやったと感じている。

「レッドブルは柔軟だったように見えるし、おそらくそれが今年の彼らの強みだったと思う」とジョック・クリアは語った。

「少しモハメド・アリのアプローチだった時もあった」

「ロープを背負っているように見えたが、彼らは少し身をよじって出てきて『ドカン』とね。『オーマイゴッド、彼らはどこでそれを見つけたんだ?』という感じだった」

「それは彼らがワールドチャンピオンとして経験を積んできた部分だと思う。そして、それは我々が慣れなければならないことだ」

「今年は大きな助けになった。我々はフロントにいて、フロントで戦ってきた」

「我々は今年、膨大な量のことを学んだ。すべてのチームと同様に、学習曲線は急勾配だ」

ジョック・クリアは、2023年に向けてフェラーリがよりよく理解する必要がある重要なことの1つは、シーズン全体にリソースを投入して、車のパフォーマンスを最大化し、コストキャップを下回るようにすることだと考えている。

ジョック・クリアは、フェラーリは早い段階でクルマの開発により多くの費用を投じた一方で、レッドブルの方がより一貫していたことが、シーズン終盤に代償を払ったのではないかと疑っている。

「難しいのは、最も効率的かつ効果的にお金をどこに使うかを知ることだ」とジョック・クリアは語った。

「そして、それには少し計画が必要だ。もちろん、その計画が実行されるにつれて、現在進んでいる道が序盤にいくつかの間違った決定を下した可能性があることを学ぶ」

「レッドブルがプレッシャーを目にした場所に対応するという非常に良い仕事をしたことは明らかですが、マシンにパフォーマンスをもたらすことだけに集中しなければならないという事実を見失うことはなかった」

「そして、我々の観点から言えば、今年計画していたことはすべて実行したと思う。だが、F1は相対的なスポーツだ」

「我々は今年の後半にレッドブルに比べてアンダーパフォームだったが、メルセデスはそのすべてをあまりに遅くまで残していたと言えるだろう」

「3つのチームの間で、我々はおそらく少し早くプッシュしすぎ、メルセデスは少し遅れてプッシュし、レッドブルは適切なバランスを取った。そして、我々はそこから学ばなければならない」

フェラーリはシーズンを通してレッドブルに負けたことに失望しているが、ジョック・クリアは、彼のチームの進歩の規模を過小評価すべきではないと語る。

「今年、我々は確かに大きな一歩を踏み出した」とジョック・クリアは語った。

「過去レースで『ああ、何があったのだろう』と考えたが、目標をどれだけ早くリセットしたかは驚くべきことだ」

「もしあなたが12ヶ月前にこれを申し出ていたら、我々はあなたの腕を引きちぎっていただろう。我々は、今年達成できたことを非常に誇りに思っている」

「これは大きな、大きな前進だ。今、我々はそれを維持しなければならない。来年も競争力を維持し、最初のレースに向けて順調に進んでいることを確認するために、シーズンの早い段階でこの車の開発を中止した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル