フランツ・トスト、フェラーリのF1チーム代表のオファーに断りとの報道
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、フェラーリからF1チーム代表のオファーを断った人物の一人として名前が挙げられている。

フェラーリがF1チーム代表のマッティア・ビノットの更迭を発表するにはそれはど時間はかからないというのがイタリアのメディアの主張だが、その一方で、まだ後任は採用されておらず、新しいチーム代表の検索はあまりうまくいっていないようだ。

数週間前、フレデリック・ヴァスールの名前が初めて浮上した。フランス人のヴァスールは現在、アルファロメオF1チームの指揮を執っていますが、フェラーリはマッティア・ビノットの後継者としてふさわしい人物だと考えている。

シャルル・ルクレールは、2018年にアルファロメオ・ザウバーでF1でデビューしたため、フレデリック・ヴァスールをよく知っている。契約書にはまだサインされていないが、ヴァスールは最大の候補だ。

しかし、フレデリック・ヴァスールがフェラーリのお気に入りかどうかは疑わしい。

Corriereは、すでに数名がフェラーリからのオファーを断ったと報じている。アンドレアス・ザイドル(マクラーレン)、フランツ・トスト(アルファタウリ)、ゲルハルト・ベルガー(DTMのボスで元F1チームのボス)は全員、フェラーリに何の通知もしなかったと伝えられている。

一方、フレデリック・ヴァスールはすでにイタリア語のレッスンを受け始めているというが、社内にはアルファロメオのF1チームボスの到着を快く思わない従業員も多いという。彼の履歴書はあまり印象的ではない。ルノーF1チームのマネジメント期間は完全に失敗し、現在の雇用主での年月も目を引くものではない。

マッティア・ビノットが更迭されると、2014 年以来、フェラーリを離れる4人目のチーム代表となる。

「ビノットを嫌う人でさえ、このさらなるターンアラウンドが2023年の車の軌道に悪影響を及ぼす可能性があることを認識している」とCorriereは述べた。

フェラーリ内では、マッティア・ビノットとフレデリック・ヴァスールのどちらをとるかで意見が大きく分かれているようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / アルファタウリ