フェラーリF1代表 「序盤の故障でエンジン出力を下げざるを得なかった」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2022年シーズン中にF1エンジンの「出力を下げる」ことを余儀なくされたことを認める。

フェラーリF1は、シャルル・ルクレールが首位からリタイアした5月のF1スペインGPからカルロス・サインツの車が炎上した7月のF1オーストリアGPまで、開催された6戦のうち3戦で壊滅的なエンジントラブルに見舞われた。

シャルル・ルクレールのエンジンは 6 月のF1アゼルバイジャン GP でも故障し、新しいパワーユニットが必要になり、シーズン半ばに到達する前に許可された割り当てを超過したため、F1カナダGPでグリッド後方からスタートすることを余儀なくされた。

フェラーリのF1エンジンは、メインのライバルであるメルセデスやホンダよりも小さいターボを走らせている。これにより、フェラーリは加速時に有利になるが、出力に匹敵するためにコンポーネントをより高速で走らせる必要がある。

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、フェラーリが10月のF1メキシコGPでエンジンのターボ回転速度を落としたことを認めた。これは、高地で空気が薄く、コンポーネントが故障の危険にさらされたためだ。これにより、チームは大きなパフォーマンスを失い、上位争いをするレッドブル/メルセデスとミッドフィールドの間で立ち往生することになった。

フェラーリがメルセデスを破り、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンに次ぐ2位でフィニッシュしたアブダビでの2022年F1シーズンフィナーレに続いて、マッティア・ビノットはチームがシーズン序盤の故障に続いてエンジン出力を「わずかに下げなければならなかった」ことも認めた。

これは、貧弱なタイヤマネジメントとシーズン中の開発の欠如と相まって、F1ハンガリーGP以降、レッドブルに対するフェラーリのタイトルチャレンジが崩壊した理由を説明するのに役立つ。

アルファ ロメオのフレッド・ヴァスールが後任となるという噂の中で、スクーデリア・フェラーリの指揮を執る自身の地位が潜在的に脅威にさらされているマッティア・ビノットは、この冬のフェラーリの「最優先事項」としてF1エンジンの信頼性向上を特定した。

「勝つためには信頼性が必要であり、シーズン自体のバランスとしてそうではなかったので、それが我々の最優先事項です」とマッティア・ビノットは語った.

「2つ目は車のスピードだ。予選では非常に競争力があったが、レース自体では必ずしもそうではなかった。レースペースは、それがタイヤデグラデーションによるものであろうと純粋なレースペースによるものであろうと、そうではなかった。より良いポジションのためには十分ではなかった」

「速くて信頼できるクルマを開発できれば、戦略やピットストップでミスを犯す可能性はあっても、クルマ自体が速くて信頼できるという事実によって、いつでもそれを補うことができる。それが我々の努力が必要なところだ」

マッティア・ビノットは以前、フェラーリはメルセデスやレッドブルに比べてかなり早く2022年マシンの開発を中止したと述べていたが、これによりマラネロは2023年マシンの新たな継続的なタイトル挑戦に向けて有利なスタートを切ることができるはずだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ