フェラーリF1 「予算上限の今後を決める重要なテスト」
フェラーリF1のレースディレクターであるローラン・メキースは、2022年シーズンに一部のF1チームが許可された以上の予算を費やしたという憶測が高まっており、F1は、予算上限が適切に適用されることを確認する重要な試練に直面していると語る。

FIA(国際自動車連盟)は、提出された財務データのレビュー後、来週の水曜日にF1チームにコンプライアンス証明書を発行する予定となっている。違反した場合の処罰は、罰金からポイントの喪失、チャンピオンシップからの除外までさまざまだ。

金融規則の施行について質問されたローラン・メキーズは「これは予算上限の今後を決める非常に重要なテストだ…もしそのテストに合格しなければ、影響が大きいので、おそらくゲームオーバーだ」とコメント。

「今、非常に重要なことは、FIAが現在書かれているルールを完全に施行することだと思う。その後のペナルティは別の問題だ」

F1は昨年、予算上限を導入し、今年は1億4500万ドルから1億4000万ドル、来シーズンは1億3500万ドルに縮小し、最大のチームによるコストの暴走を抑制し、競技場を平準化した。

F1のコスト上限の物語は、クリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフのまた新たな言葉の戦いを引き起こした。

メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフは金曜、ガバナンスはしっかりしているように見ており、従わない人は、ペナルティを決定する独立した裁判官とのコスト上限裁定委員会に送られると述べた。

トト・ヴォルフは、100 万ドルの過剰支出がコースで重要なアドバンテージに変換されると述べた。

「これが意味することは、これが軽いペナルティである場合、今後5%以上をプッシュすることになるということだ」とトト・ヴォルフはコメント。

「我々は1億4000万ドルのプールを持っている。他の誰よりも 5%または 10% 多く費やしている場合、それはコンマ1秒だ。つまり、限界を押し上げていた場合、まったく別のリーグで戦っていることになる」

ウィリアムズのF1チーム代表だるヨースト・カピートはローラン・メキーズに同意。「これはテストであり、非常に重要なテストだ。なぜなら、今それを行わなければ、それを回避しようとし続けるからだ。 何が書かれているのか、厳密にする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ