フェラーリF1代表 「F2では良くてもF1では十分ではないドライバーがいる」
ハースF1チームとフェラーリ ドライバー アカデミーの両方で、ミック・シューマッハの将来に疑問が投げかけられている。

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ミック・シューマッハが2023年にハースF1チームのレースシートとフェラーリ ドライバー アカデミーでの地位を失うという噂が広まりつつ中、数レース後にミック・シューマッハの将来について話し合う予定だと語る。

ミック・シューマッハは、今年F1に復帰した新しいチームメイトのケビン・マグヌッセンに完全に影を追いやられ、サウジアラビアとモナコの週末に車を大破させ、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーから公な批判を引き起こし、2022年の困難なスタートに耐えた。

その後、ミック・シューマッハのフォームは改善を見せ、イギリスとオーストリアでポイントを獲得したが、ドライバーズチャンピオンシップでケビン・マグヌッセンの22ポイントに対して、12ポイントと差をつけられている。

マッティア・ビノットは、ミック・シューマッハはまだ改善する必要があると述べ、ハースF1チームとフェラーリ・ドライバー アカデミーの両方でのドイツ人の将来についての決定は、今後のレースで行われるだろうと付け加えた.

「フェラーリ ドライバー アカデミーは我々のチームの非常に重要な柱であり、我々はそれに多くの投資を続けている」とマッティア・ビノットは語った。

「最高のタレントを育成し、未来を探し、フェラーリのために最高のタレントを発掘することが重要だと信じている」

「ミックに関しては、シーズンの初めに言ったように、今シーズン改善することが重要だ」

「我々はいくつかのレースで彼と一緒に座り、シーズンのバランスを取り、ハースと一緒にそれを行い、彼のベストな将来を決定する」

シュワルツマンは、フェラーリでより重要な役割を担う?
ミック・シューマッハのフェラーリでの地位が不確か中、マッティア・ビノットはチームの現在のテストドライバーであるロバート・シュワルツマンの能力についても語った。

2021年のF2選手権を2位で終えたロバート・シュワルツマンは、今年はレースに出場していない。ロシアとイスラエルのパスポートを持つロバート・シュワルツマンは、フェラーリでのテスト業務に専念している。

しかし、2022年にレースが行われなかったにもかかわらず、マッティア・ビノットはロバート・シュワルツマンが2021年よりも完成度の高いドライバーになっており、今からシーズンの終わりまでの2回のプラクティスセッションでフェラーリのためにドライブすると付け加えた。

「ロバートは素晴らしいドライバーだ。F1マシンを運転するときはいつでも、彼は非常に速かった」とマッティア・ビノットは語った。

「F3やF2では素晴らしいかもしれないが、F1では十分ではないドライバーがいる」

「ロバートはその反対だと思う。彼は確かにF3、F2で素晴らしかったが、F1では非常に強い。現時点で彼がレースシートを持っていないのは残念だ」

「今シーズン、彼はシミュレーターで多くの作業を行い、現在のマシンを開発する我々のチームを助けてくれた」

「ドライバーとして、彼は改善し、彼自身のスキルを開発したと思う。今日、彼は1年前よりもずっと成熟しているし、彼はレースシートに値するドライバーだと思う」

「この状況で今は非常に難しいことはわかっているが、将来的にはそうなることを願っている」

スクーデリア・フェラーリ ロバート・シュワルツマン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ハース / ミック・シューマッハ