フェラーリF1はチーム代表とストラテジストを首にするべき?
F1ハンガリーGPで再び明確な戦略の失敗が発生したことで、8月の夏休み中にフェラーリF1チームの数名の上層部の首が飛ぶ可能性があるとインサイダーは考えている。

シャルル・ルクレールはF1ハンガリーGPで優勝する可能性もあったが、ミディアムでの第2スティントを早期に切り上げて、ハードタイヤで第3スティントを走り切るというフェラーリの戦略は、他チームのドライバーでのハードタイヤでのパフォーマンスを見るだけでも明らかに失敗だった。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、F1ハンガリーGPでのフェラーリの決定は「理解できない」と語った。

「レッドブルがそのような助けを期待していたとは思わない」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

シャルル・ルクレールでさえ、最速のマシンで間違った戦略を採った可能性に頭を悩ませている。

「ハードタイヤが僕たちを死に至らしめた」とシャルル・ルクレールは語った。

「チームとして改善し、何が間違っていたのかを理解する必要がある。再発した場合、チャンスはない」

チャンピオンシップリーダーであるマックス・フェルスタッペンは、フェラーリのミスを擁護したが、同時に、レッドブル自身の戦略責任者であるハンナ・シュミッツが常に「非常に冷静」であり続けたことを称賛した.

「チャンピオンシップのために戦いたいのなら、それは非常に重要だ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

マックス・フェルスタッペンの父ヨスも同意し、De Telegraaf に「我々の決定が常に正しいわけではないが、我々の方がミスが少ないのは確かだ」と語った。

「それが、我々が80ポイント先を行っている理由だ」

フェラーリF1のチ-ム代表であるマッティア・ビノットは、ハードタイヤを使用ししたことは「明らかに正しい決断ではなかった」と認めた。

「我々はフランスとオーストリアで正しい戦略を行ったし、通常は正しい。我々はミスを犯すこともあるが、他の人もミスを犯す」

しかし、継続的な戦略ミスにより、フェラーリが2007年以来となるドライバーズタイトルのチャンスを失いつつあることに疑いの余地はない。

フェラーリF1は、戦略責任者であるイナキ・ルエダの後任を検討する必要があるだろうか?

「イナキだけでなく、チーム全体が素晴らしいし、私は彼らを完全にサポートしている」とマッティア・ビノットは主張した。

「対戦相手がミスをしても、あまり注目されないと思う」

「だから、私はバランスの取れた素晴らしい仕事をするためにチームの全員を完全にサポートしている」

しかし、ラルフ・シューマッハによれば、度重なるエラーにより、ストラテジストだけでなく、チーム代表としてのマッティ・ビノットの役割も疑問視している。

「2人の仕事が危険にさらされているように見える」とラルフ・シューマッハは語った。

「ダニエル(リカルド)とマッティアだ」。

「フェラーリとワールドチャンピオンを目指すという贈り物を手に入れて、それをかなり不用意に捨ててしまうと難しくなるはずだ」

「だから、夏休み中に彼は危険にさらされていると思う。うまくいかない小さなことが多すぎるし、技術的な問題が多すぎる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ