フェラーリF1首脳 「新型リアウイングはレッドブルから着想」
スクーデリア・フェラーリのレースオペレーションマネージャーを務めるクラウディオ・アルベルティーニは、新型リアウイングがレッドブルからインスピレーションを得たと認める。

先週のオーストリアグランプリで、スクーデリア・フェラーリは、主なライバルであるレッドブルの直線スピードのアドバンテージをついに克服した。

両チームは非常によく似たラップタイムでシーズンをスタートしてが、その出し方は対照的だった。フェラーリF1-75は低速と中速のコーナーで速かったが、レッドブルRB18はストレートと高速コーナーでタイムを稼いでいた。

これにより、スクーデリア・フェラーリは予選で優位に立つことができ、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJrは、2022年の最初の11レースで7回のポールを獲得し、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは4ポールにとどまった

しかし、それはレースでは別のストーリーだった。レッドブルの直線速度はDRSのオーバーテイクの機会につながり、レースのリードを奪い、フェラーリが反撃することを不可能にした。

しかし、それはオーストリアでは別のストーリーだった。マックス・フェルスタッペンはポールポジションからスタートしましたが、スクーデリア・フェラーリのペアによって1回だけでなく複数回抜かれ、2022年で初めてシャルル・ルクレールのペースに答えられなかった。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは先週、「特にDRSゾーンではレッドブルに比べて直線速度の点で不利だった」と語った。

「そのため、我々と比較した彼らのDRSのパワーという点で、我々はそれに多くの取り組みをしてきた。カナダのシャルルに1つだけ導入した新しいリアウィングは、イギリス以来両方の車に搭載されている。その新しいリアウィングによってギャップを減らすことができたと思う」

「彼らはまだわずかなアドバンテージを持っていると思うが、ごくわずか、または無視できるほどであり、パワーの点では非常に近い。違いを生むことができるのはコーナーで制限されているグリップだけだ」

マッティア・ビノットは、単にダウンフォースを減らすのではなく、新しいロードラッグウィングにより、コーナーでのアドバンテージを維持し、タイヤの劣化を増やさずに、車は直線速度を上げることができるようになったと説明した。また、セットアップを最大限に活用したドライバーの功績を認めた。

「車だけでなく、2人のドライバーのおかげで我々は速くなったと思う。彼らは、車のバランス、車のセットアップ、タイヤの理解、タイヤの管理、そしてトラックでの運転の面で素晴らしい週末を過ごした」

「彼らは二人とも非常に良い走りをし、非常に速かった。それなりに競争力のあるパフォーマンスの点でそれが要因だったと思う」

「我々が違いを生むことができるのは、グリップが制限されたコーナーだけだ。限られた電力の中では我々は非常に接近している」

フェラーリのレースオペレーションマネージャーであるクラウディオ・アルベルティーニは、新しいウィングがレッドブルリンクのようなミディアムダウンフォーストラックで最高のパフォーマンスを発揮すると述べました。

「我々は、そのレベルのダウンフォースを維持し、より効率的なリアウィングを実現するために効率化に取り組んでいる」と語り、レッドブルが初期のレースでどのようにパフォーマンスしたかを目にしたことからインスピレーションを得たと付け加えた。

「開発に関しては、レースをしているときに気付くことがある。他のチームと比較して、どこを改善できるかが分かる」とクラウディオ・アルベルティーニは語った。

「たとえば最高速度では、改善の余地がある領域であることが分かった。このため、効率を改善しました」

スクーデリア・フェラーリは、オーストリアグランプリで勝利したものの、シャルル・ルクレールはマックス・フェルスタッペンに先んじてリードを維持するために、クロージングラップでスロットルが完全に戻らないというトラブルと戦わなければならなかった。そしてカルロス・サインツJr.は、パワーユニットが故障したことで、フィニッシュから16周でレースからリタイアした。

したがって、2連勝はしたものの、マッティア・ビノットはマラネロで信頼性を向上させる必要があることを認めた。

「我々は非常に優れた性能のエンジンを持っている。それを信頼性のあるものにする方法を見つけたとき、将来への希望を与えてくれる」とマッティア・ビノットはCorriere della Seraに語った。

「これらは、長期的にではなく、今後のレースで我々を心配させている問題だ。我々チームとしてそれを解決できると確信している。だが、この種の介入には時間が必要だ」

「信頼性を確保するために、新しいコンポーネントを設計、製造、公認する必要がある。数週間では不十分だ。短期的には、キロメートル単位での管理を試みていく」

F1 スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル