フェラーリF1で内紛? 一部スタッフがサインツの祝勝を拒否との報道
スクーデリア・フェラーリのスタッフの一部が、F1イギリスグランプリでカルロス・サインツJr.が勝利した後、表彰台セレモニーに参加することを拒否したと伝えられている。

カルロス・サインツJr.は、151戦目にして悲願をF1初勝利を挙げたが、再びシャルル・ルクレールを犠牲にしたスクーデリア・フェラーリの選択決定に疑問を投げかけた。

前回の勝利から3か月後、スクーデリア・フェラーリがレースの早い段階でカルロス・サインツJr.を追い抜くことを拒否したとき、シャルル・ルクレールの指から勝利がすり抜けていった。

また、セーフティカー期間中にシャルル・ルクレールを中古のハードタイヤのままステイアウトさせるという決定も悲惨さをさらに悪化させた。

そして、今回、スクーデリア・フェラーリのガレージの一部のスタッフが表彰台セレモニーと写真撮影に出席することを拒否したという報道が出てきた。

元スクーデリア・フェラーリのプレスオフィサーを務めたアルベルト・アントニーニによると、一部のスタッフは当初、カルロス・サインツJr.のレースでの勝利を祝いたくなかったとしている。

「信頼している情報筋からシルバーストンレースの直後に起こった醜いエピソードを聞いた」とアルベルト・アントニーニはformulapassion.itに書いた。

「フェラーリのスタッフの一部は、少なくとも最初は表彰式と写真撮影に出席することを拒否したとされている。本当なら、私が恐れているように、これは良い兆候ではない」

「ガレージ内でのちょっとした健全なライバル関係は問題ない。各メカニックと各技術者が“彼”のドライバーを応援することは問題ない。だが、共通の関心は勝つことを目指すことでなければならない」

シャルル・ルクレールは、スクーデリア・フェラーリの決定に問題はなかったとメディアに語ったが、カメラは、フェラーリのF1代表であるマッティア・ビノットがドライバーに指を振った(人を叱る時に非難を表す動作)シーンを捕らえた。

マッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールを元気づけたいと思っており、事件を軽視しようとしたが、F1ドライバーから評論家に転身したジェンソン・バトンはそれを信じていない。

「僕はいつも良い指を振って友達を元気づけている」とジェンソン・ボタンはSky Sport F1で冗談を言った。

「彼にとっては厳しいレースだ。彼はレースの最初のラップでチェコとのターン4の接触でウイングを壊しましたが、それでもペースは良かった」

「彼はチームメイトをプッシュしていて、最終的に彼らは順位を入れ替えてし、彼にリードを与えたが、最後にセーフティカーで悪いピットストップコールがあった。それはまた起こった、モナコでも同じことがあった。だからそれはトリッキーだ。誰の決断だったのかは分からないが、明らかにそれが彼の勝利を犠牲にした」

スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イギリスGP