フェラーリF1代表、カルロス・サインツJr.のチームオーダー無視を否定
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1シルバーストングランプリのセーフティカーの後ろでシャルル・ルクレールとの車間を空けるとのチームオーナーをカルロス・サインツJr.が無視したとの見方を否定した。

カルロス・サインツJr.は、F1イギリスグランプリのレース終盤、セーフティカーのリスタートで新品のソフトタイヤを履いたおかげで、チームメイトのシャルル・ルクレールを残り10周でパスしてF1初勝利を挙げた。

スクーデリア・フェラーリは、セーフティカー期間中、ハードタイヤの状態とトラックポジションを重視して、シャルル・ルクレールをステイアウトすることを選択したが、最終的にルクレールはリスタート後に4位に後退している。

セーフティカー期間の終わりに向けて、スクーデリア・フェラーリは、カルロス・サインツJr.に、シャルル・ルクレールに対して許可されている10車身の間隔を空けて、レースリーダーのルクレールを後続から保護できるギャップを作るよう指示した。

しかし、カルロス・サインツJr.は、ルイス・ハミルトンからのプレッシャーにさらされているとフェラーリに無線で伝えた。

『そのようなことを求めないでくれ。お願いだ。お願いだ。でっち上げるのはやめてくれ。でっち上げるのはやめてくれ。僕もプレッシャーにさらされている」

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、後ろの車のソフトタイヤのアドバンテージを考えると、シャルル・ルクレールにとってリスタートは「より困難」だった可能性があったので、カルロス・サインツJr.に支持が出たと述べたが、サインツがそのようなギャップを簡単に作ることはできなかったかもしれないと認める。

「我々は完全に信頼している。彼がチームのためにできる限りのことをしていることを我々は知っている。彼自身のためでもあるが、チームのためだ」とマッティア・ビノットはカルロス・サインツJr.について語った。

「明らかに、彼は数周前に話し合いなしで順位を入れ替えることでそれを証明した。シャルルと比較して早めに最初のピットストップをしたときでさえ、彼はチームと我々の行動に完全な信頼を置いているため、話し合いはなかった」

「したがって、改め、私はとてもハッピーだ。彼がベストを尽くしたことを私は知っている。おそらく彼はシャルルに対して感覚を与える方法はなかった」

「彼はここシルバーストンでのフェラーリの勝利のためにできる限りのことをしたと思う」

レース後、カルロス・サインツJr.は、シャルル・ルクレールからのスリップストリームを失うことを心配していたと説明した。これにより、2台のフェラーリがルイス・ハミルトンに追い抜かれやすくなる可能性があったと考えている。

「僕はおそらく今日の最速の男に自分が遅れをとっていることを彼らに説明しようとした」とカルロス・サインツJr.は語った。

「10メートル離せば、スリップストリームが少し失われる可能性がある。彼が僕を追い抜けば、シャルルも一巻の終わりだった」

「ソフトのグリップによってターン6の前に自分がリードを奪えることを分かっていたので、できるだけ早くリードすることに決めた。そこから進めて、彼のレースに影響を与えないようにしようとしていた」

「チームには『見ていてくれ。僕に任せほしい。できるだけクリーンに処理するつもりだ』とす耐えた。実際、シャルルはほぼ2位にとどまるために素晴らしい仕事をした」

「ドライバーのフィーリングがあって、チームが自分が同意しないことを言ってくることもあるかもしれない。そうだと本当に信じているのであとにかく自分自身のことをするだけだ」

「でも、僕はチームをとても信頼しているし、今日は非常に素晴らしいレースを実行した。あなたが見たように、この種のシナリオでは僕たちはお互いを信頼している」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イギリスGP / カルロス・サインツJr.