フェラーリF1のルクレール&サインツ、映画『バズ・ライトイヤー』で声優に初挑戦
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.は、今年公開のディズニー・ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』で声優を務めることになった。

現時点では、シャルル・ルクレールがイタリア語版、カルロス・サインツがスペイン語版の吹き替えに関与することを除いて、彼らがどのキャラクターの声を担当するかは明らかになっていない。

プロジェクトのプロモーションビデオでシャルル・ルクレールは「こんにちは、シャルル・ルクレールです。映画、ライトイヤーの最初の声優の収録を終えたところです」とイタリア語で語った。

「僕の初めての声優収録でした。過去にやったこととは全く違う体験でした」

「僕がバズと共通していることはスピードだと思います。僕たちは二人とも非常に速く、限界を押し上げるのが好きです」

「僕をパイロットにしたのは、アドレナリンとスピードです。これらは私が子供の頃すぐに好きになり、今でも好きなものの2つです」

「決してあきらめず、何を達成したいのかを明確に理解することが非常に重要です」

「パイロットは決して一人ではありません。僕は車の中で一人でコースを走っているのは間違いないですが、舞台裏では僕の範囲を超えてプッシュしている多くの人々がいて、チームワークが常に最初に来なければなりません」

「バズには彼のすべての人々がいて、僕にはすべての家族、すべての友人、ガールフレンド、そして、すべてのグランプリの間に僕をフォローしているコーチさえいます。一緒にいることが不可欠です」

「僕たちはビッグファミリーであり、周りにはたくさんの人がいますが、とても信頼している人がたくさんいます」

「バズがしたように、宇宙に行くことは間違いなく僕の夢の1つです。いつか達成することが目標です」

当面のシャルル・ルクレールは、母国レースとなるモナコグランプリでポイントを獲得して、F1とF2での悲惨な記録を改善することだ。24歳のルクレールは2つのシリーズでの6回の試みでまだレースを完走していない、昨年は予選の最後にクラッシュした後、ポールポジションからスタートすることさえできなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr. / シャルル・ルクレール