フェラーリF1、低速でのレッドブルへのアドバンテージ喪失に困惑
スクーデリア・フェラーリは、F1マイアミGPでシーズンを通して持っていた低速でのアドバンテージが失われた理由について答えを追い求めていると語る。

フェラーリとレッドブルの車の特徴とセットアップは、シーズンのオープニングフェーズを通じて著しく異なっている。レッドブル・レーシングのRB18は、ダウンフォース/ドラッグ構成を低くすることを選択した。これにより、最高速度と高速コーナーでのアドバンテージを得ている。

一方、フェラーリF1-75は、より多くのダウンフォースとドラッグで走り、低速/中速のコーナーだけでなく、加速中やトラクションゾーンでも優れたパフォーマンスを発揮している

しかし、先週末のマイアミでは、レッドブルができていることをフェラーリは克服することができず、2台の車の相違はそれほど明確ではなかった。

データを綿密に分析すると、レッドブルはラップ終盤のタイトなシケインシーケンスを特に速く通過し、立ち上がっていることがわかる。これは、マックス・フェルスタッペンがレースの重要な部分でシャルル・ルクレールを範囲外に留まるのを助けた。

フェラーリは、特にレッドブルがまだ直線的なスピードエッジを維持できているため、マイアミで事態が好転した理由について頭を悩ませたままになっていることを認めた。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「我々はウイングの構成に関してもう少しダウンフォースをつけている。ストレートではスピードが不足しているが、通常はコーナーでもう少しゲインている」

「マイアミでは5/6/7のコーナーでは我々の方が速いケースがあったと思うが、11/12/13以降の非常に遅いコーナーではそうではなかったかもしれない」

「レッドブルはその点で非常に優れていると思う。ミディアムタイヤで非常に優れており、少なくとも非常に遅いスピードのコーナーで我々と同じくらい速かった。そして、その理由は、我々が評価し、理解する必要があるものだ」

「私は、それが彼らが最後のレースで彼らの車を速くしたアップグレードをにあると信じている」

シャルル・ルクレールは、特にレースディスタンスで、車がより柔らかいタイヤを走らせているときに、レッドブルの方に明確なパフォーマンススイングがあったと考えている。

「レースでは、特に軟らかい方のコンパウンド、ミディアムとソフトで、すでに2レースでレースペースの観点から彼らの方が少し強く、それらのタイヤをよりうまく管理しているように見える」とシャルル・ルクレールは語った。

「予選では、常にそれらのタイヤを正しいウィンドウに入れることができていたし、それは僕たちの助けになっている。しかし、ロングランでは、彼らと比較してもう少し苦労している」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、最終的には彼のチームとスクーデリア・フェラーリのパフォーマンスを分離することはほとんどなく、細部がより重要であると考えている。

「サーキットごとにスイングするだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それらは非常に密接にマッチしていると思う。自分たちにできる最高のレースをつなぎ合わせようとしているだけだと思う。そして、戦略的に、我々はここのフェラーリとは非常に異なっていた」

「彼らは非常に高いダウンフォースをつけていたが、我々は非常に低いダウンフォースだった。そして、そのセットアップは我々に機能した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ