フェラーリF1代表 「メルセデスよりもレッドブルを恐れている」
2022年のF1世界選手権は、現時点でメルセデスが両方のチャンピオンシップでスクーデリア・フェラーリに次ぐ2位につけているが、チーム代表のマッティア・ビノットは、現役コンストラクターズチャンピオンよりもレッドブル・レーシングを恐れていると語る。

今年のチャンピオンシップでは、スクーデリア・フェラーリがウィニングチームとして浮上。開幕3戦で2回のポールポジション、2回のグランプリ勝利、合計5回の表彰台を獲得している。

その結果、ドライバーズチャンピオンシップでは、シャルル・ルクレールがジョージ・ラッセルを34ポイント上回り、コンストラクターズチャンピオンシップでは、スクーデリア・フェラーリがメルセデスを46ポイント上回っている。

レッドブル・レーシングは、コンストラクガーズチャンピオンシップでさらに10ポイント離れた3位であり、ドライバーズチャンピオンシップでは、セルジオ・ペレスが3位、現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは6位に沈んでいる。

しかし、マッティア・ビノットが最も恐れているのはレッドブル・レーシングだ。

現在、最も心配しているのはどちらのチームかと質問されたマッティア・ビノットは「レッドブルだ。彼らは優れた開発能力を有している」とCorriere dello Sportに語った。

今シーズンは、グラウンドエフェクトカーに空力コンセプトが移行したまったく新しい車が登場しており、昨年のほとんどを2022年ましんに集中させたチームが、最大ンの改善を遂げたチームといっても過言ではない。

チャンピオンシップの最後のラップまでワールドタイトルをかけて戦ったレッドブルとメルセデスは、反対の方向に進んでいる。

それを2021年からの二日酔いとして見ているのかと質問されたマッティア・ビノットは「まったくそのようには見ていない。彼らはやる気があったし、我々にとってすべてが困難だった。毎週末、平手打ちを食らいながら、未来に取り組むことは容易ではなかった」

「そこから顔を背けて、状況を受け入れる経営者がいなけれならない。ライバルが遅れている場合、他の理由がある。それは気晴らしとは何の関係もない」

しかし、マッティア・ビノットは、背後にいるチームに焦点を合わせるのではなく、フェラーリがコンストラクターズチャンピオンシップを、彼のドライバーの1人であるシャルル・レクレールがドライバーズチャンピオンシップをリードしているシーズンを楽しんでいる。

シャルル・ルクレールは、チームメイトのカルロス・サインツに38ポイント差をつけている。マッティア・ビノットは、フェラーリがシャルル・ルクレールにナンバー1のステータスを与えて、タイトルを獲得に集中する時期については質問された。

しかし、マッティア・ビノットは、それはすぐには起こらないと語る。

「いいえ、どちらも最高の状態で自分を表現する権利がある」とマッティア・ビノットは語った。

「この段階では、チームオーダーは必要ない。そして、メルボルンでのミスがなければ、カルロスは2位だったはずだ」

「そして、カルロスが勝った場合、彼は本当のライバルであるフェルスタッペンからポイントを奪うことになる」

マッティア・ビノットは、コンストラクターズタイトルを獲得することがスクーデリア・フェラーリの主な目的であり、ドライバーズタイトルだけでは彼を幸せにすることはできないと述べた。

「満足はでいないだろう。コンストラクターズチャンピオンシップはチームの堅実さを表している」とマッティア・ビノットは語った。

「ドライバーズタイトルは並外れたものであることは理解しているが、我々の目標はさらに進んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル / メルセデス