元フェラーリF1代表 「ルイス・ハミルトンと過去に一度交渉」
フェラーリF1の元チーム代表で現在はF1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、フェラーリがルイス・ハミルトンと実際に一度交渉していたことを明らかにした。

数年後のF1引退をイメージしているルイス・ハミルトンは、過去にフェラーリと交渉していたことを示唆し、伝説の跳ね馬に生涯夢中になっていることを考えれば、フェラーリと契約することなくF1キャリアを終えることになるのは「驚くべきことだ」と語っている。

「フェラーリは誰にとっても夢であり、達成したい目標であるため、これほど長い年月を経てフェラーリでドライブしたことがないのは非常に驚くべきことだ」と7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは語った。

「それが実際に実現することは決してなかった。その理由は正確には分からないけどね」

フェラーリとルイス・ハミルトンとの間で暫定的な交渉があったかと質問されてステファノ・ドメニカリは、「正直に言うとイエスだ。これは本当だ。我々はそれについて話し合った」と Sky Sports F1 語った。

しかし、2008年から2014年にかけてフェラーリを率いたステファノ・ドメニカリは、契約を結ばなかった理由について詳しく述べなかった。

「ルイスが出すことができた答えは正しいものだったと思う」とステファノ・ドメニカリは付け加えた。

「今日、その期間は過ぎたと思います。私にとって覚えておくことが非常に重要な『Sliding Doors』という映画がある。エレベーターに乗らなければ、そのフロアにとどまることになる瞬間がある」

「私にも分からないがね。それがルイスが彼の人生のその特定の時期に生きていた状況だった。少なくとも彼は信じられないほどのキャリアを過ごしたで、彼の選択を非難することはできないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ルイス・ハミルトン