フェラーリF1代表 「モンツァではマクラーレンに対して20馬力劣っていた」
フェラーリF1のチーム代表を務めうマッティア・ビノットは、メルセデスのF1エンジンを搭載するマクラーレンと比較して、モンツァで馬力面で下回っていたのは明らかだったと語る。

しかし、マッティア・ビノットは、すでにフェラーリが解決策に取り組んでいるとし、“意気消沈”する理由はないと付け加えた。

フェラーリのシャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのクラッシュによるセーフティカー後のレースのリスタートで2番手を走行。母国レースで表彰台の匂いを嗅いだ。

シャルル・ルクレールは、すぐにランド・ノリスを抑えるためにディフェンスを続けられない状況となったが、それは長く続かず、クルヴァ・グランデ(ターン3)でノリスに2位の座を明け渡した。

3周後、シャルル・ルクレールは、セルジオ・ペレスとバルテリ・ボッタスにも抜かれて、5番手に後退した。

シャルル・ルクレールは5番のままだったが、セルジオ・ペレスに5秒ペナルティが適用された後、4位に昇格。カルロス・サインツは6位でフィニッシュし、フェラーリはダブル入賞を果たした。

マッティア・ビノットは、フェラーリが“マクラーレンと比較して20馬力の赤字”があるとし、「我々は今日それを目にしたと思う」と Sky Italia に語った。

「我々はそれが存在したことを知っている。だが、それが我々を意気消沈されることはない。我々は来シーズンも考慮して、たくさんのことに取り組んでいる。開発も順調に進んでいる」

「ポイントを失ったのは残念だが、このようなレースは、自分たちがやったことに勇気づけられなければならない。全般的に堅実なレースであり、ドライバの良いドライビング、戦略、ピットストップができた。全体的には良いレースだった」

「特に最初のセクターではペースが良かった。2番目のシケイン、ロッジアとレズモは良かったと言わなければならない」

「アスカリの出口で少し苦しんでいたが、ターン1まで到着するパラボリカを含めたストレートでスピードを失っていた」

「したがって、最後のストレートと最初のストレートが、今週末より脆弱で問題を抱えていた場所だと言えよう。そして、我々はリスタート時とオーバーテイクでそれを支払った」

ダニエル・リカルドとランド・ノリスが1-2フィニッシュを果たしたことで、マクラーレンは、コンストラクターズ選手権でフェラーリに13.5ポイント差をつけて3位に返り咲いた。

マッティア・ビノットは、シーズンが終わるまでにフェラーリが赤字を“逆転”できない理由はないと語る。

「困難な週末になることは予想していた。全体的に4位と6位は堅実な結果だ」とマッティア・ビノットは語った。

「マクラーレンを祝福したい。今日、彼らはフルポイントを獲得したし、彼らにとって非常に良い週末だった」

「我々としては、自分自身に焦点を合わせている。セーフティカー後のリスタートで脆弱だった。我々はオーバーテイクされた。これは、我々にまだ少し弱点だとわかっていることによって起こり得ることだと思う。トップスピード、エンジンパワーおよびパフォーマンスですだ」

「マクラーレンはこのトラックにうまく適応していたと思う。昨年も素晴らしい週末を過ごしていた」

「我々はそれを逆転できると思う。最終的に我々により適したトラックがあるとは言っているわけではない。我々は常に最善を尽くしている。うまくいくと期待しているトラックはいくつかある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / マクラーレン / F1イタリアGP