フェラーリF1代表 「ルイス・ハミルトンと契約しなかったことに後悔はない」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ルイス・ハミルトンと契約しなかったことを後悔することはないと感じており、セバスチャン・ベッテルの後任としてカルロス・サインツを迎え入れるという決定に満足していると語る。

2019年後半、イタリアの Gazzetta dello Sport は、ルイス・ハミルトンがシーズン中にフェラーリF1と2回会談したことを明らかにした。

ルイス・ハミルトン自身も後にマラネロにあるフェラーリの本社で話し合いが行われたことを確認し、フェラーリはメディアを通してライバルのドライバーであるハミルトンを称賛することで魅力的な勧誘を続けた。

ルイス・ハミルトンはフェラーリへの移籍について熟考したが、その動きは最初の話し合いを行った以降は実際には実現しなかった。その後、フェラーリは、2020年シーズンの開幕前にセバスチャン・ベッテルを放出し、マクラーレンからカルロス・サインツを獲得するという決定的な動きをした。

F1史上最も成功したドライバーとチームがペアを組むことが実現しなかったことに後悔はないかと質問されたマッティア・ビノットは「最後にいくつかの決定を下したとき、それらは正しい決定だと思ったので、後悔することはないと思う。今日、我々にはフェラーリとして多くの投資をしたシャルルのような素晴らしいドライバーがいる」と Sky Sports に語った。

「彼には多くの才能があると思っている。彼が適切なマシンを手に入れれば、ルイスハミルトンに挑戦できると確信している」

「我々は自分たちの選択をした。カルロスと一緒に我々は非常に強いと思っている。後悔することはないだろう」

また、マッティア・ビノットは、2020年シーズンの終わりにセバスチャン・ベッテルと別れるという決定を振り返り、両社にとって前進する適切な時期だったと述べた。

「セバスチャンは素晴らしい人であり、素晴らしいドライバーだと思う。我々は一緒に素晴らしい瞬間を過ごした。しかし、別の決断をして前進する時が来たと思う」とマッティア・ビノットは付け加えた。

「今後、我々は1968年以来最年少のフェラーリラインナップとなる非常に若いラインナップを起用する。だが、シャルルとカルロスの2人のドライバーは非常に強く、非常に才能があり、若いにもかかわらず、彼らはF1で良い経験を持っている。なので、私はその選択にとても満足している」

マッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツが2021年シーズンの初めに平等に扱われることを繰り返したが、結果によってはシーズン後半にそれが変わる可能性があると語る。

「ナンバー1とナンバー2はない。彼らには平等な機会がある。シーズン序盤は確実にそうだ」とマッティア・ビノットは確認した。

「彼らが自由に戦えることをとてもうれしく思う。いつものように我々がやらなければならないことは、チームポイントを最適化することだと思う。通常、チームポイントを最適化すれば、ドライバーのポイントも最適化される。チームポイントがナンバー1だ」

「シーズン後半に物事がどのように進行するかを見てみよう。個々のドライバーが達成できる可能性のある目標を見てみよう。別の戦略を採用する必要があるかもしれないが、シーズン序盤は自由に戦うことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ルイス・ハミルトン