フェラーリ・ドライバー・アカデミー ジュール・ビアンキ
フェラーリは、F1ドライバーを育成するために世界中の若手ドライバーを支援する“フェラーリ・ドライバー・アカデミー”を設立した。

フェラーリ・ドライバー・アカデミーは、若手ドライバーのレース活動だけでなく、人格なプロとしての成長面もサポートするとしている。

プロジェクトは、ルカ・バリディセリが運営し、カートからフォーミュラなど数年間にわたって段階的に評価を行い最終的にF1を目標とする。イタリアの自動車協会であるACI-CSAIが重要な役割を果たすことになる。

「このプログラムの目標は非常に明確だ。若者がいつの日かF1世界選手権でフェラーリのフラッグを掲げられる地点まで成長を支援することだ」とステファノ・ドメニカリは語る。

「彼らが現代のモータースポーツのあらゆる側面への取り組みにできる限り準備できるよう、あらゆる観点を含めた独創的なアプローチを取るつもりだ」

フェラーリ・ドライバー・アカデミーの最初のドライバーには、ジュール・ビアンキが選ばれた。ジュール・ビアンキは、今年のユーロF3でチャンピオンを獲得。12月頭にヘレスで行われた若手ドライバーテストではフェラーリ F60をドライブした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | ジュール・ビアンキ