フェラーリF1、1000回目のグランプリを記念した特別カラーリングを公開 / F1トスカーナGP
フェラーリF1は、1000回目のグランプリとなる今週末のF1トスカーナGPで走らせる1回限りの特別なカラーリングを披露した。

シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルがドライブするフェラーリ SF1000は、通常のスカーレットではなく、1950年にF1モナコGPで初レースを行ったバーガンディに塗装される。

フェラーリF1は、1000回目のレースというランドマークに到達した最初にチームであり、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルが着用するレーシングスーツも同じ色合いが採用される。

フェラーリの副会長であるピエロ・フェラーリは「スクデリア・フェラーリの1000回目のグランプリは非常に重要なマイルストーンであるため、特別な方法で記される必要があった」

「したがって、我々はこのイベントのためにマシンにユニークなカラーリングを施すことにした。SF1000は、フェラーリの名前を最初に付けたレーシングカーである125Sで最初に見られたバーガンディ色でムジェロサーキットでトラックに乗り込む」

「シャルルとセバスチャンのマシンのレース番号も、過去の伝統が反映されたボディワークに手描きで描かれているような印象を与えるものとなり、ドライバーのレーススーツもマシンの色にマッチしたものになる」

「それは我々の起源へのオマージュだ。テクノロジーとデザインの面で並外れたロードカーを構築する意志とともに、競争したいという無限の欲求を特徴とする素晴らしいフェラーリストーリーの出発点だ」

「フェラーリは世界で唯一のものだ。なぜなら、会社には自動車メーカーとレーシングチームの魂があるからだ」

「ほんの数か月前に、我々の1000回目のレースが我々が所有するムジェロ・サーキットで行われるとは誰も想像できなかった」

「グランプリの公式名において、F1が71年間の歴史の中で常に存在してきた唯一のチームであるフェラーリに敬意を表することを選んでくれたことを嬉しく思う」

2020年のF1世界選手権は新型コロナウイルスの影響を受けてこれまで無観客で開催されてきたが、今週末のF1トスカーナGPでは初めて2880人のファンがソーシャルディスタンスを保ってグランドスタンドから観戦する。

フェラーリF1 1000回目のグランプリ 特別レーシングスーツ関連:2020年 F1トスカーナGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イタリアGP