フェラーリF1、1000回目のグランプリを1950年のカラーリングで祝う / F1トスカーナGP
フェラーリは、F1での1000回目のグランプリとなる今週末のF1トスカーナGPでSF1000を特別なカラーリングにドレスアップして歴史的な記念日を祝う。

Motorsport Italy の報道によると、フェラーリのF1マシンは初レースとなった1950年のF1モナコGPで使用された濃いレッドのカラーリングが採用されるという。

フェラーリは、1950年のF1モナコGPで3台のフェラーリ125で参戦。アルファロメオのファン・マヌセン・ファンジオが優勝したレースで、アルベルト・アスカリが2位、レイモン・ソメールが3周遅れの4位、ルイジ・ヴィロレーシはトランスミッションの問題でリタイアした。

フェラーリが所有するムジェロ・サーキットで開催されるF1トスカーナGPでは、今季初めて観客が入れられ、2880人がスタンドから観戦。スクーデリア・フェラーリ・クラブのメンバーも参加する。

フェラーリ 1950年 F1モナコGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イタリアGP