フェラーリF1、セバスチャン・ベッテルの新しいシャシー投入を確認 / F1スペインGP
フェラーリF1は、今週末のF1スペインGPにセバスチャン・ベッテルに新しいシャシーを投入することを確認した。

今年、フェラーリF1での最終年となるセバスチャン・ベッテルは過去最低のスタートとなっている。直近のシルバーストンでの2連戦を10位と12位で終えたベッテルは過去5戦で10ポイントしか獲得できていない。

フェラーリF1は、セバスチャン・ベッテルの状態を改善するために今週末カタロニア・サーキットで開催される第6戦F1スペインGPでシャシーを交換することを明らかにした。

「2月にここで行われたテストの内容を考えれば、簡単な週末にはならないことを承知した上で我々はバルセロナに到着した」とフェラーリのシャシーエンジニアリング責任者を務めるシモーナ・レスタは語った。

「だが、ここまで行われた5レースでは、マシンのパフォーマンスを改善し、そのポテンシャルのすべてを引き出すために懸命に努力してきた」

「我々は路面温度が40度を超えると予想される非常に暑い気候に直面することにある。シルバーストンでの過去2戦で目にしたように、特にタイヤの挙動に関して重要な要素となるだろう」

「SF1000に特別なアップデートはないが、セバスチャンには新しいシャーシが導入される。シルバーストンのレース後の分析の結果、縁石に対する大きな衝撃によって引き起こされた小さな故障が見つかった」

「それはパフォーマンスに大きな影響を与えなかったかもしれないが、論理的な決定だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / F1スペインGP