「フェラーリのF1エンジンはメルセデスに対して80馬力劣っている」とゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、フェラーリのF1エンジンはメルセデスに対して70~80馬力の差があると考えており、実力で倒すことを考えられるようになるには1~2年はかかると語る。

フェラーリのジョン・エルカン会長も2022年までトップに返り咲くのは難しいことを認めている。

マッティア・ビノットは、フェラーリF1でチーム代表に専念するためにテクニカルディレクターの役割を放棄したことを認めている。

「組織化し、技術部門を再構築するのにしばらく時間がかかる。これは1日でできることではない」とマッティア・ビノットは AS に語った。

「今では人材を適切な職務に割り当てて責任を持たせ、適切な仕事をさせられるようになった。そして現在、私自身はテクニカルディレクター職から外れている。その仕事をしてくれるスタッフたちが他にいるのだ。彼らは明確な目標を持ち、非常に熱心で、達成すべき目標に焦点を合わせている」

「今では、適切なポジションに適切な人材が配置されており、彼らはテクニカルディレクターとしての私の立場の責任を負うことができる」と

「私の側では、計画に従ってそれらを正しい方向に監督および維持するために行うべきことがたくさんある」

先週末のF1イギリスGPでは、シャルル・ルクレールが3位表彰台を獲得したが、セバスチャン。ベッテルのペースは、フェラーリの問題の深さを際立たせた。

元ドライバーのクリスチャン・ダナーは「マシンは非常に難しい。特定の条件ではとても運転できるものではない」と RTL に語った。

「ベッテルがルクレールに比べて平均して1秒遅れていたことを目にしたいと思う。」

ゲルハルト・ベルガーは、フェラーリF1は昨年のF1パワーユニットの合法性についての騒動のなかで行き詰まったと考えており、FIAとの秘密協定に続いて、エンジンは“自動的に遅れた”と語る。

「これから彼らは失われた開発をキャッチアップする必要がある」とゲルハルト・ベルガーは Sportbuzzer に語った。

「フェラーリは1周あたり50~60馬力を落とした。しかし、その前でさえ、全体的なパフォーマンスでメルセデスを上回っていなかったので、70~80馬力の差と見ることができる」

「このレベルでは、それは信じられないほど大変な仕事だ。それを行うには1〜2年かかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ