フェラーリのF1ドライバーは燃え尽き症候群になりやすい?
多くのF1ドライバーにとって、フェラーリのマシンを駆ることは夢だ。しかし、その夢には大きなプレッシャーが伴うと元F1ドライバーのアレクサンダー・ヴルツは語る。

現在、GPDAの会長を務めるアレクサンダー・ヴルツは、フェラーリのF1ドライバーにかかるプレッシャーは非常に高く、そこには燃え尽き症候群になるリスクがあるとさえ語る。

「フェラーリのシステムはドライバーに本当に負担をかける」とアレクサンダー・ヴルツは Sky Sports F1 に語る。

アレクサンダー・ヴルツは、セバスチャ・ンベッテルがある程度その被害を受けたと考えている。

「セバスチャンは友人だと呼べるかもしれませんが、彼はフェラーリで苦しんでいることを表には出さなかった。彼はそのようなものを閉じている」

「それ自体が繰り返されてきた現象だ。フェラーリのルーキーとしての初年度は美しい。フェラーリの愛と感情を感じることができるからね。だが、ある時点でシステムに捕まえられてしまうように思う。フェルナンド・アロンソでさえ、その影響を免れていなかったように思う」

「愛が覚めたというのは本当かもしれないし、それはフェラーリでより頻繁に起こることかもしれないが、セバスチャンはそのようなことは私には話してはいなかった」

アレクサンダー・ヴルツは、フェラーリは無意識のうちにその名前を守ろうとするのかもしれないと語る。

「フェラーリはドライバーを愛しているが、物事がうまくいかないときには摩擦が発生する。その愛は突然逆火し、フェラーリの名前を守るためにあらゆることが行われる。それはドライバーだけに当てはまるわけではない。近年では必要とあらば、チームボスさえも見直されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ