F1:フェラーリがメルセデスのDASに反応しない理由…PASの存在
フェラーリF1チームが、メルセデスのDAS(デュアル・アクシス・システム)について何も反応を示さないのには理由があるようだ。

メルセデスは今年の冬季テストでドライバーがステアリングシステムを押し引きすることでフロントタイヤのトー角を調整することを可能にするDASを投入。レッドブル・ホンダは、システムの合法性について異議申し立てをする準備を進めている。

しかし、フェラーリはかなり静かなままであり、コンセプトについての厳しい声明を拒否している。

イタリアメディアの報道によると、フェラーリは、2019年のF1フランスGP以降、すでにDASの多くの利点に似たPAS(パワーアシストステアリング)システムを採用しているという。DASは2021年に禁止となることが決定したが、フェラーリは来シーズンもPASを使用でき、カスタマーチームのハースF1でさえ、システムを引き継いでいるという。

PASはDASほど高度ではないが、「だが、前述のメディアのウェブサイトで読むことができるように、フェラーリのシステムは多くの点で革命的なメルセデステクノロジーの前身だ」と同メディアは報じている。

ハースF1チームもPASシステムで走らせており、競争上の優位性が得られていることが証明されているようだ。ラップタイムを短縮し、摩耗を減らすために重いステアリングシステムの余分な重量をどこかで補うことは、いくつかの空力的な利点さえあるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン / メルセデス