フェラーリF1 「セバスチャン・ベッテルの将来は彼の手の中にある」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルと2021年の契約について交渉を開始していることを明らかにし、ベッテルの将来は“彼の手の中にある”と語る。

フェラーリは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長しているが、今シーズン末で契約が満了するセバスチャン・ベッテルに関してはまだ何も決定していない。

シャルル・ルクレールとの関係がどのように進化するかはセバスチャン・ベッテルの将来の重要な要素となる。4回のF1ワールドチャンピオンは、2015年に世界選手権をマラネロに戻すことを任務としてフェラーリに到着した。だが、これまでのところそれは実現できていない。昨年、彼はシャルル・ルクレールにポイント獲得数で上回られた。

ルイス・ハミルトン加入の噂もあるが、フェラーリのセカンドシートのファーストチョイスはセバスチャン・ベッテルだ。マッティア・ビネットは、セバスチャン・ベッテルがシャルル・ルクレールのパフォーマンスに驚いており、現在、自分の将来のために戦っていると語る。

「新しい契約について議論を開始した」とマッティア・ビノットは語った。

「すぐに対処することが重要だ。シーズンの終わりまで残しておくものではない。彼にとっても我々にとっても、できるだけ早く明確にすることが重要だ。議論は進行中であり、すぐに完了することを期待している」

「彼はとても良い状態にある。彼は集中していると思う。彼はうまくやる必要があることを知っている。彼のキャリアにとって重要な瞬間だ。シーズン序盤に彼が何をするかが彼の契約更新にとって重要だからだ。それは彼の手の中にある。彼はとてもやる気があると思う。昨年は彼にとって重要だった。シャルルのパフォーマンスは彼を驚かせた。だが、もはやそうではないし、彼はベンチマークがどこにあるか、何をする必要があるかを知っているので、彼は冬の間に非常によく準備できたと思う。彼は昨年何がうまくいかなかったかを理解し、今年うまくやれるように過ごしてきた」

セバスチャン・ベッテルは昨年のフェラーリに慣れるのに苦労したが、マッティア・ビノットは今年の挑戦者であるSF1000が彼により適していると考えている。

「少なくとも、バルセロナの最初の兆候からそう((ベッテルにより適している)だと思うはずだ」とマッティア・ビノットは語る。

「とは、素晴らしいドライバーの最高のスキルの1つは、マシンに適応し、それを最大限に活用できることだ。我々の側では、彼らがこれを達成できるように努力しなければならない。これは両方のドライバーで行われる」

シャルル・ルクレールはフェラーリで印象的なデビューシーズンを迎え、ドライバーズ選手権でチームメイトのベッテルを破った。それによるプレッシャーにもかかわらず、マッティア・ビノットはシャルル・ルクレールがそれに対処できると考えている。

「シャルルは冬の間に非常によく準備し、セバスチャンが行ったように、テストですでにそれを実証し始めていた。シャルルはトップチームの2年目にはより多くの落とし穴があることを知っているが、私は早く学ぶことができる男の子だと確信している。彼は最善の方法でプレシャーを管理できるだろう」

昨年、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルはF1ブラジルGPで同士討ちを演じているが、マッティア・ビノットはルクレールとベッテルにレースをさせつつ、チームの利益のためにチームオーダーを使用するつもりであることを認めている。

「昨年起こったことは、両者にとって重要だった」とマッティア・ビノットはF1公式サイトに語った。

「我々は私が期待していることについて話し合い、ある程度明確にした。チームの利益は最優先事項であり、コンストラクター選手権は重要な要素です。彼らは自由にレースをできるが、それはチームの利益のためにチームオーバーを適用できないという意味ではない。だが、チームの成績が良ければ、ドライバーはその恩恵を受ける」

「彼らは2人ともスマートでクレバーであり、お互いをよりよく知ってきている。昨年の出来事は、ブラジルだけでなく、ロシアでもチームオーダーを管理しようとしたときに起こった。これらの状況は我々に議論する機会を与えたし、透明な方法で議論すれば、お互いをよりよく知るようになる。チームとして、ドライバー間でより多くの信頼と自信を築いたと思う。それは2020年に役立つでだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル