フェラーリF1チーム、F1オーストラリアGPにむけてイタリアを出国
フェラーリF1チームは、F1オーストラリアGPにむけてイタリアを出国することを政府から許可された。

イタリアは新型コロナウイルスの死者が233人、感染者5883人と中国以外では最大のレッドゾーンとなっており、政府は3月7日(土)、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにロンバルディア州北部と11の近隣州の封鎖を決定。封鎖は4月3日まで継続され、政府から例外が認められない限り、違反した人には罰金または懲役の対象となる、

フェラーリの拠点であるモデナ県フィオラノ、ピレリが拠点を置くミラノは、事実上隔離されたエリアにあり、ダラーラのハースの従業員もオーストラリアへ移動できるかどうかも不明だった。アルファタウリのファクトリーは封鎖されたエリアではないため、ほとんど疑いの余地がなかった。

フェラーリF1チームは日曜日の午後に声明を発表。フェラーリの全従業員がイタリア政府から許可を受け、計画通りにオーストラリアに旅行できることを確認。メルボルン行きの飛行機で乗ったことを報告した。

「昨夜イタリア政府によって発表された措置に従って、我々は状況を監視および評価しており、関係当局および関係するすべての組織と密接に連絡をとっている」

「フェラーリにとって、政府の規制の順守は、従業員とその家族の安全を確保するための第一の保証であり、これが我々の優先事項だ。この原則に関してすべての決定が行われます。

「チームと装備の一部は既にメルボルンに到着しており、チームの残りのメンバーの出発は、反対の連絡がない限り、プログラム通りに進んでいる」

フェラーリのスタッフの一部は、オーストラリアですで準備にあたっており、次の部隊が日曜日に出発。マッティア・ビノットを含めたフェラーリ経営陣の他の人々は、月曜日にオーストラリアへの旅を開始する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1オーストラリアGP