F1チーム、FIAとフェラーリの“秘密合意”に憤慨「スキャンダルだ」
フェラーリのライバルF1チームは、先週FIA(国際自動車連盟)が発表した声明に不満を抱いている。

フェラーリの2019年F1エンジンは夏休み後に大幅な進歩を果たした。ライバルチームは、フェラーリのF1エンジンの合法性に疑惑の目を向け、FIAはフェラーリのエンジンを差し押さえて調査を行ったと報じられている。

だが、FIAは2月28日(金)に、フェラーリとの間で“和解”に到達したと発表。また、和解の一環としてフェラーリはFIAの“二酸化炭素排出量と持続可能な燃料”の研究開発を支援すると述べた。

だが、詳細な内容はフェラーリとFIAの間にで保持すると述べ、何らかの“秘密の合意”が行われたものと受け止められている。

匿名のF1チーム代表は、この発表は“回答というよりも疑問の方が多い”と Auto Bild に語った。

「今回の決定は、誰に対しても不正を行う可能性を与えたに等しい。これはスキャンダルだ」

また、別のF1チーム代表は、2019年のフェラーリのコンストラクターズ選手権2位が獲得したことになり、フェラーリが賞金を不正に獲得したこと可能性を意味すると語る。

「我慢するつもりはない。これは競争を歪めるものであり、非常に大きな金額に関わることだ」

しかし、その声明が発表されたのは、F1バルセロナテスト最終日の2月28日(金)のチェッカーフラッグが振られる10分前のことだった。金曜日の夜はメディアセッションは予定されておらず、フェラーリとFIAはオーストラリアGPまでメディアを考慮する必要のない理想的なタイミングでもあった。

このような発表の仕方はライバルチームからの疑惑の目を強めただけだ。フェラーリのF1エンジンが常に合法だったのであれば、なぜFIAはそう言わないのか。何を和解したのか? その隠された幕引きに策略説が囁かれている。

イタリアの Gazzetta dello Sport は「なぜすべてを秘密にしておかなければならず、人々は彼らが決めたものを共有しないのか」と報道。

「現在、FIAにはフェラーリに違反の可能性の証拠がなかったという認識がありますが、フェラーリは競争のすべての申し立てに反論することができなかったという認識もある」

「なぜこれらの不確実性をすべて保持しているのか? そして、今シーズンはフェラーリのエンジンはテスト結果に基づけば速くはないようだ。最終的にフェラーリがこの決定にどれだけの苦労をするかがわかるだろう」

「この決定により、2021年の新しい規則が施行される前に、最終的にチーム間の統一性が高まることを期待しよう」

同じくイタリアの Corriere dello Sport は「この合意はフェラーリにどのような影響を与えるだろう。テストウイークの間、人々は非常に遅いようでだった。チームはレーシング・ポイントに目を光らせさえしなければならない。フェラーリは今シーズンに何を期待できるのだろうか」

「今のところ、我々は大丈夫だと期待することしかできない。空力パッケージが改善されたため、コーナーでコーナーでは速くなるかもしれないが、エンジンが昨シーズンほど強力でなければ、チームにとってそれは良いことだろうか」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマティア・ビノットでさえ、2020年のフェラーリのパワーユニットは“昨年ほど良くない”と認めている。

セバスチャン・ベッテルは、この状況により、フェラーリが2021年の新しいルールの改善にすぐに注意を向ける可能性があることを示した。

「まず、どれだけ不足しているのかを知る必要がある。そして、それは2021年のプログラムから何かを犠牲にするのか、もしくはそうする価値がないほどギャップが大きいのかによって異なる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ