フェラーリF1、序盤戦の結果次第では2021年の開発に焦点をシフト
フェラーリF1チームは、2020年の開幕戦で上位チームとのギャップが大きすぎる場合、早期に2021年F1マシンの開発に焦点を切り替える可能性がある。

F1プレシーズンテストで印象的なパフォーマンスを発揮していなかったフェラーリF1チームは、シーズン開幕にむけてライバルに後れを取っていることを認めており、挽回するためにF1エンジンのパフォーマンスと空力パッケージの両方に取り組む必要があるとしている。

だが、フェラーリにとって追いつくための努力は、今シーズン向けのリソースと新しいF1レギュレーションが導入される2021年の開発とのバランスを慎重にとっていく必要がある。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、現状では今シーズンのギャップを縮めていくことに焦点を当てているが、数戦後に状況が困難だと判断した場合は、早期に2020年の開発をストップする可能性があることを示唆した。

「2020年のキャッチアップが2021年のプロジェクトにどの程度影響しますか? 確かにそれは良い指摘だ」とマッティア・ビノットはコメント。

「我々は妥協点を見つける必要があると思う。まだシーズンの非常に早い時期であり、シーズン全体を妥協することはできない」

「だから、シーズン開幕時は、できる限り2020年のためにプッシュし続けていくのは確かだ。我々にとってマシンと弱点を理解する時だからね。そして、できるだけ早く対処できることを願っている」

「数戦を終えて、それでもギャップが大きすぎると理解しているならば、それを考慮に入れる可能性がある。だが、今はまだ初期段階だ。ほんの数日間のテストをしただけだ」

「マシンに対処できることがあると思うし、できるだけ早くに行えることを願っている。そのため、現時点では、2020/2021年の計画を維持する必要がある」

一方、フェラーリのライバルであるメルセデスF1は、チームが2021年に焦点を切り替えすぎないように注意する必要があると考えている。

「2021年にはレギュレーションが大幅に変更されるため、2021年のマシンに切り替えるリソース量という観点で、リソースの配分のバランスを取ることが重要になってくる」とメルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフはコメント。

「当然ながら、学習と開発の勾配は最初は非常に急だ。そのため、それを間違えて数か月遅れてしまえば、0.5秒遅れる可能性がある。そして、これは過去に2つのレギュレーション変更を通じて受け入れてきた課題であり、我々はそれを気に入っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ