イタリア消費者団体、フェラーリ SF1000の押収を政府に要求 / F1タバコ広告問題
イタリアで最もよく知られている消費者団体は、フェラーリを訴えると脅し、政府にフェラーリが新たに発表した2020年F1マシン『SF1000』を“押収”するよう促している。

1年前の同様の論争に続き、フェラーリにSF1000にも『Mission Winnow』のブランドを含まれたことで、再び騒動が巻き起こっている。Mission Winnowは、フェラーリの長年のタイトルスポンサーであるタバコ大手のフィリップモリスによって作成されたブランドだ。

Mission Winnowのウェブサイトでは、ブランドはタバコに関連付けられていないことを明確にしており、代わりに「物事のより良い方法を常に検索することによって変化をもたらす」という目標を宣言している。

しかし、イタリアの主要な消費者団体であるCodaconsは、実際にはタバコ広告のサブリミナルであり、国内では“直接および間接”的の両方で禁止されていると述べた。。

また、イタリアのメディア Automoto によると、イタリア政府は、Mission Winnowブランドがタバコを効果的に促進しているというCodaconsの最近の苦情を受け入れることで保健省に同意している。

Codaconsのカルロ・リエンジ代表は「我々の主張は全面的に確認する省の決定によって強化されており、我々はフェラーリに対して法的手続きを始める」とコメント。

「また、昨日レッジョ・エミリアで発表された新しいシングルシーター“SF1000”も押収するようお願いする」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ