フェラーリ 「F1に予算上限が導入されなければやがて滅びる」
フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、F1は予算上限が導入されなければ“ゆっくりと死んでいく”と考えており、小規模なチームを支援するためにフェラーリF1チームは予算上限をサポートして“犠牲”を払ったと語る。

2021年からF1には競争力を高めると同時に、財政的にも持続可能なものにすることを目的とした新しい競技、技術、財政規則が導入される。

中でも最大の注目は1シーズンあたり1億7,500万ドルの予算上限だ。フェラーリは拒否権を発動することができたが、F1の将来の重要な部分として拒否しなかった。

2020年シーズンは、2021年の新レギュレーションに対応した準備を進めながら、競争力を高めるために2つのプロジェクトを進めることになり、フェラーリはそのために予算を大幅に増やしていることをすでに確認している。

しかし、ルイス・カミッレーリは、フェラーリは小規模チームを助けるために“犠牲”を払ったとし、2021年の交渉はF1のより公平な財政状況を作り出すことに役立ったと考えている。F1は、個別のチームとの取引ではなく、より統一されたコンコルド協定に戻すことを望んでいる。

現在の計画では予算上限はエンジン開発、ドライバーとマネジメントの給与は免除されるが、ルイス・カミレーリは予算上限を引き上げてより多くのコストをカバーできることを望んでいると語る。

「シャシーに適用されるコスト上限に関しては比較的に良い妥協点に達したと思う」とルイス・カミッレーリはコメント。

「F1の経済的持続可能性には良いことだと思うし、我々はそれを支持してきた。やがて、予算上限は、マシン、パワーユニット、ドライバーだけでなく、他の様々なものも含まれるようになるだろう。最終的にスポーツが経済的に実行可能でなければ、ゆっくりと死んでいくだろうからね」

「だから、我々は経済的に実行可能にする責任があると考えた。そうすることで、我々や他の人たちは、小規模チームがより多くのお金を得ることができるように特定の犠牲を払ったこと言わなければならない」

「まだ多くの詳細については決めていかなければならないが、実際の原則の観点からは、基本的には問題ないと思っている」

「異なる見解を持つ10のチームがある場合、常に継続的な議論が行われる」

フェラーリは、新しい契約の下ではボーナスが削減される。以前のコンコルド協定ではフェラーリはF1で最高給チームだったが、ルイス・カミッレーリは、F1におけるフェラーリの歴史は誰の利益にも配慮することが重要だと語る。

「今年は、コンコルド協定と、金融規制と技術規制のさまざまな章を完成させようとするという点で重要だった」とルイス・カミッレーリは説明する。

「そして、ガバナンスの側面がある。私は大きな進歩があったと思っている」

「フェラーリにとってF1の重要性のために我々はリーダーシップの役割を非常に担ってきた」

「すべての人の利益のために全員が合意に達すると確信している」

「他のこと、他のビジネスでの過去の私の経験では、競合他社がいるときは、全員の意向に合わせるのは常に非常に難しい。しかし、最終的に、彼らはあらゆる点で利益を見ている」

「特に、マッティア(ビノット/チーム代表)は、FIAと他のチームでリーダーシップを発揮した。我々はその点での進歩に非常に満足していると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ