フェラーリ 「トト・ヴォルフのF1トップ就任の動きは阻止する」
フェラーリは、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフが、チェイス・キャリーの後任としてF1のCEOに就任する動きがあれば阻止するつもりだと語る。

2021年の新しいF1レギュレーションの導入が成功した場合、チェイス・キャリーは退任し、後任としてトト・ヴォルフがF1のトップに就任するという推測が広まっている。

また、F1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが、2021年にメルセデスと契約を延長するにはトト・ヴォルフの去就も関連してくると発言したことで、その噂はさらに加速している。

だが、フェラーリのCEOを務めるルイス・カミッレーリは、F1で最も有名なチームであるフェラーリととってそれは受け入れがたいことであり、そのような動きは阻止するつもりだと語る。

「過去数年で特定のチームで活動し、重要な役割を果たしてきた人物がF1でそのような責任を負うことは、目に見えようが見えまいが自動的に利害の衝突を生むことになる」とルイス・カミッレーリはコメント。

「そのため、個人的には良いことでないと考えている。我々の考えであるが、もしマッティア(ビノット/フェラーリ F1チーム代表)がチェイス・キャリーの後任候補ということになれば、パドックの残りの者たちはそれを喜ばないだろう。論理的だ」

ルイス・カミッレーリは、チェイス・キャリーの後任選びは、親会社であるリバティ・メディアのCEOを務めるグレッグ・マッフェイ次第だとしつつも、トト・ヴォルフが本格的な後任候補になった場合には、フェラーリとして拒否権を行使することは否定しつつも、リバティ・メディアのトップにフェラーリとしてのスタンスをはっきりさせるつもりだと語る。

「拒否権というのは最終手段的なツールだ」とルイス・カミッレーリは語る。

「そのようなことになった場合には、リバティ・メディアの人間、特にグレッグに対して我々の立場を明確にさせてもらうことになる。そして建設的な議論をするだろう」

チェイス・キャリーは、F1での自身のポジションは短期的な契約であることを認めているが、その期限については明らかにしていない。

「私は定期的な短期契約を結んでいる。私はもうキャリアを構築しているわけではないし、この年齢にもなれば長期的な野望もない。この世界を短期的に捉えている。F1のチャレンジを楽しんでいるし、できなくなるまではそれに集中するだけだ」とチェイス・キャリーはコメント。

「将来のことを考えると興奮する。いずれ私が辞めるか、リバティ側が私に飽きる時が来れば、一緒に今後のことを考える。だが、それを公に議論するというのはおそらく生産的ではないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / メルセデス / リバティ・メディア