フェラーリF1、5月上旬に2021年のドライバーラインナップを検討
フェラーリのCEOであるルイ・カミレッリは、フェラーリでのセバスチャン・ベッテルの未来に暗雲が立ち込めていることを認める。

ルイス・カミレッリが“長期契約”を持っていると語る若いチームメイトのシャルル・ルクレールの出現により、4度のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルはナンバー1のステータスを失ったように思われる。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、このペアはベセバスチャン・ベッテルの現在の契約の昨年である2020年を“同等の立場”でスタートすると述べている。

そして、2021年にはフェラーリがルイス・ハミルトンを獲得する可能性があるという大きな噂がある。

「今、将来のために何かを決めるのは時期尚早だ」とルイス・カミレッリはフェラーリのクリスマスディナーで語った。

しかし、2020年に32歳を迎えるセバスチャン・ベッテルの将来が検討されているのは明らかだ。スペインの Marca は、ベッテルがマクラーレンと接触していたと報じている。

「パフォーマンス、マシンに適応する方法、そして、将来へのモチベーションを見なければなりません」とマッティア・ビノットは語った。

「彼がミスをするかどうかは重要ではない。彼が自分の未来をどう見ているか、そして、我々が我々のチームをどう見ているかだ重要だ」

ルイス・カミレッリは、ルイス・ハミルトンの噂はメディアによって“大袈裟に騒がれすぎ”だと述べたが、フェラーリのジョン・エルカン会長が今年ルイス・ハミルトンと会ったことを確認した。

「特にルイス、そして、他のドライバーが我々のチームに参加したいと思ってくれることは非常に光栄に思っているが、今日何かを決めるのは時期尚早だ」

マッティア・ビノットは、フェラーリは来シーズンの最初の数戦の後、2021年のラインナップについてもっと真剣に考え始めると語る。

「フェラーリにはドライバーの間で非常に人気があるという利点がある。我々は特権的な状況にある」とマッティア・ビノットはコメント。

「5月上旬、スペインでのレースの前後、2021年にどこへ向かうのかを知りたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル