フェラーリF1代表 「不正行為疑惑はプレッシャーをかけるための策略」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ライバルからのF1エンジンで不正行為をしていたとの非難は、フェラーリにプレッシャーをかけるための策略だったと考えている。

フェラーリは夏休み後にF1エンジンのパフォーマンスが大幅に向上。しかし、F1アメリカGP前に燃料流量システムに関する技術指令が発行され、そのタイミングで突如パフォーマンスが低下したことでフェラーリには疑惑の目が向けられた。

マックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPでのフェラーリのパフォーマンス低下は“不正行為をやめたからだ”と発言して物議を醸した。

マッティア・ビノットは、F1アメリカGPではダウンフォースをつけたセットアップを採用していただけであり、実際にはパフォーマンスは偶然の結果だったと説明する。

「確かに、新しいFIA技術指令が発行されて以降、アドバンテージは減少したが、それはチームが間違った結論を導き出したからだ。エンジンについては何も変更していなかった。より多くのダウンフォースを得るためにドラッグを増やしていた。コーナーで速くなったが、ストレートでは遅くなったのはそれが理由だ」

マッティア・ビノットは、ライバルがフェラーリにプレッシャーをかけるために、不正行為の主張を利用したと理解していると語る。

「彼らが実際に我々の誠実さを疑っているのかどうかはわからない」とマッティア・ビノットは語る。

「彼らは私たちにプレッシャーをかけるために状況を利用したと思う。そのようなプレッシャーは気を散らす。相手を不安にさせるのはF11ゲームの一部だ。スポーツや技術的の競争だけではない。ライバルにダメージを与えることはどんなことでもす。誰もがそのようなゲームを仕掛けている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ