フェラーリF1元広報 「過去にニコ・ロズベルグとも交渉していた」
フェラーリの元チーフプレスオフィサーであるアルベルト・アントニーニは、ニコ・ロズベルグも彼のキャリアの中でフェラーリと会談していたことを明らかにした。

最終戦F1アブダビGPの週末には、ルイス・ハミルトンが2020年にメルセデスとの契約が終了した後、フェラーリに移籍るうとの噂でもちきりだった。

Gazzetta dello Sport は、今年ルイス・ハミルトンがフェラーリのジョン・エルカン社長に2度会っていことを報じ、ハミルトンもそれを否定しませんでした。

アルベルト・アントニーニは、Gazzetta dello Sport のリークは、ルイス・ハミルトン/フェラーリの状況に深く関与している誰かによって意図的に行われたに違いないと指摘した。

「正直なところ、ハミルトンからフェラーリへの噂が真実かどうかはわかりません」とアルベルト・アントニーニは Formula Passion のコラムに寄稿。

「しかし、確かなことは、すでに噂や接触のストーリーがあるとき、状況について深い知識を持っている人はそれを伝えることに抵抗がないということだ」

2015年から2018年の終わりにマウリツィオ・アリバベーネがフェラーリのチームプリンシパルとしての役割を辞めたとき、フェラーリで働いていたアルベルト・アントニーニは、フェラーリがニコ・ロズベルグと交渉の場を持っていたことを明らかにした。

違いは、今までニコ・ロズベルグの協議が決して漏らされなかったことだ。

「ニコ・ロズベルグがマラネロのオフィスに来たとき、いわば誰もそれ知らなかった」とアルベルト・アントニーニは付け加えた。

だが、この段階でそれ以上の光を当てることはなく、「次のコラムのために取っておこう」と語ってコラムを終了した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ニコ・ロズベルグ