フェラーリF1代表 「2021年もトップチームはトップチームのまま」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、接近戦バトルを可能にするためにF1レギュレーションが大幅に変更されたとしても、2021年に“トップチームはトップチームのまま”だと考えている。

2021年にF1はレギュレーションを大幅に変更。お互いに追従することを可能にするべくグランドエフェクトでダウンフォースを生み出すようにF1マシンは変貌を遂げ、大規模チームが多くの開発費を費やすことを防ぐために予算上限が導入される。

過去数年間は、メルセデスが支配的な強さを見せ、フェラーリとレッドブルが挑戦するという3強体制が続いていた。だが、マッティア・ビノットは2021年にF1マシンが変化を遂げても3チームはまだ上位にいると考えている。

「トップチームは新車を開発するために必要なリソースを持っており、最初はパフォーマンス面で利益を得ると思っている」とマッティア・ビノットはコメント。

「後にスモールチームが飛躍するかもしれないが、ルールの非連続性はかなりチャレンジングだ。今は状況がどうなるかを理解するのは非常に難しい」

「トップチームはトップチームのままだと思っている。我々がまだベストチームだ。我々は最高のノウハウを持っている。我々にはリソースと予算がある。あまりに変わらないと思う」

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーもマッティア・ビノットと同じ意見だが、チームの規模が大きければ大きいほど、うまく対処することになるだろうと語る。

「状況が収束するには常に時間がかかる。ようやくシャシーやパワーユニットなどが収束してきたところだ。それにはほぼ4~5年の期間を要した」

「より多くのリソースを持ったチームが2021年にその恩恵を受けてシーズンに入るという議論がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ