フェラーリのF1エンジンの合法性の調査を複数チームがFIAに依頼
フェラーリの“いくつか”のライバルチームが、FIAにフェラーリのF1エンジンの合法性について調査を依頼したと報じられている。

フェラーリが最新のエンジンアップグレードを投入後、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリのF1パワーユニットが生み出すパワーを“不合理”だと語っていた。

Auto Bild は「複数チームがFIAにフェラーリのパワーユニットが合法であることを確認するよう求めている」と報道。

匿名のライバルチームの関係者が「この技術はすでに開発され尽くしているので、あんな馬鹿げたアドバンテージを合法的に達成するのは不可能だ」と語った。

「フェラーリは不正を働いており、FIAはそれをわかっている。だが、それは問題ではない。大きなスキャンダルになるだろう」

一部報道によると、フェラーリはインタークーラーに使用しているオイルを不正に制御してF1エンジンのパワーブーストに使用していると報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ