フェラーリ 「F1日本GPは全てが完璧にこなさなければ勝てない」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1日本GPでライバルに勝つためには、すべてのエリアを完璧にこなさなければならないと語る。

フェラーリは夏休み後にパフォーマンスを向上させ、ベルギーGPとイタリアGPではシャルル・ルクレール、シンガポールGPではセバスチャン・ベッテルが優勝して3連勝を達成した。

しかし、ロシアGPではパフォーマンスに優位性があったにも関わらず、信頼性問題と誤った戦略決定によって、セバスチャン・ベッテルはリタイアし、シャルル・ルクレールはメルセデスのルイス・ハミルトンとバリテル・ボッタスに1-2フィニッシュを許して3位でフィニッシュした。

マッティア・ビノットは、鈴鹿サーキットでフェラーリはメルセデスのペースを上回ることができると確信しているが、勝つためにはいかなるミスも許されないと語る。

「ソチでのパフォーマンスレベルは良好だった。それは4戦連続でのポールポジションが示している。だが、日本でトップに立つためには、仕事のあらゆる側面が完璧でなければならないことをわかっている」とマッティア・ビノットはコメント。

「それが、鈴鹿でのレースへのアプローチする方法だ。マシンパッケージから利用可能なすべてのパフォーマンスを引き出していきたい。それができれば、最近のレースと同じように競争力を高められると期待している」

「セバスチャンとシャルルは二人ともこのサーキットを崇拝している。

「第1セクターの一連のコーナーから、週末を通してファンから寄せられる信じられないほどのレセプションまで、特別なことがたくさんある」

「彼らが週末にスリリングなレースを楽しめることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1日本GP